忍者ブログ

夜の夜長は映画でも ~映画DVDレビュー~

邦画洋画問わずお気に入り映画DVDをレビューするブログです。多少ネタバレも含まれていますが、最新の映画をメインに映画大好きな人に少しでもお役に立てるようなブログを目指しております!!  落ち込んだ時に観る映画。皆でガヤガヤ観る映画。スカッとしたいときに観る映画。恋人や愛人と観る映画・・・時には考えさせられたり人生観を変えられる名作に出逢うことがあります。 ジャケ写をクリックするとここから購入することもできます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


しんぼる [DVD] /松本人志

しんぼる [DVD]しんぼる [DVD]
出演:松本人志
よしもとアール・アンド・シー
発売日 2010-02-03
オススメ度:★★★



grest!!、、、、すばらしい 2010-02-10
劇場公開は気づいた時には終わっていたので、DVDで拝見しました。
鑑賞後、すぐにネット上での評価を見て回りましたが、いわゆる「松本信者」といわれる方さえこの映画の評価が低いことに少しとまどいを感じています。
たとえば、この映画内でも、何箇所も前振りとオチが繰り返されますが、一度オチ前で「一時停止ボタン」を押し、自分自身でオチを予想、あるいは別のオチを想定してみてください。
そうすればこの映画の、そして松本人志の作品すべての印象が変わってくるのではないでしょうか。

こんなにすばらしい映画を撮っても正当に評価されないのは非常に残念、、、自分が監督本人だったらと思うと胸が痛みます。

コントしんぼるw 2010-02-09
僕的には松っちゃんが演技してるってだけで面白かったですね。
人が追い詰められた時に見せる仕草、表情、セリフすべてが松っちゃんワールド!
かなり笑わせてもらいました。
この映画の流れとして、アクシデントが起こる→松っちゃんのリアクション、の繰り返しなんですが、松っちゃんのリアクションが面白い!次はどんなアクシデントが起きて、松っちゃんはどんなリアクションをするのか、ていうのがすごくワクワクしましたね。
大日本人は多少なりストーリーに流される部分があったと思うんですが、これに関してはやりたい事やってるなーって感じでした。てかコント?w
松っちゃん好きなら見て損はないと思いますよ。

意味がわからん?? 2010-02-09
面白い 面白くない どっちと聞かれたら、面白いです。ただ主人公が松本人志ではなく、山崎邦正ならもっと面白いと思う。 ラストはよく分かりません。

わかりやす過ぎて物足りない 2010-02-09
海外を意識して作ったものでしょう。
大日本人もわかりやすかったですが、これは非常にわかりやす過ぎて次の展開が読めます。
多少は見る側の事を配慮して作るのはいいんですけど、これは見る側に寄り過ぎ。
これだったら映画ではないですが、『ごっつ』や『ビジュアルバム』を見ていた方が断然いい。

ん? 2010-02-08
DVD買うくらいにはすきと思った
映画として見なければおもしろい

でもまっちゃんがやってるからおもしろいってのはある もしくは山崎邦正にやってほしい
箱の中のシーン以外は早送りでもいいけど そんな酷評されるほどかなあとは思う


面白かったです。 2010-02-02
普通に面白かったです。
映画館に見に行った時も一緒に見に行った友人と笑いをこらえるのが大変なくらい笑いました。
中盤の白い部屋から脱出する為にいろいろ試すのですがそこが特に面白かったです。
ただエスカルゴマンのくだりはちょっといらなかったかなっと思いました。エスカルゴマンのくだりが無ければ逆に笑い疲れたり飽きたりするのかもしれないけど…
それでも映画館で映画を見終わった後は早くDVD欲しいなぁって思いました。

前作の大日本人は私には合わなかったしいい映画では無かったので今回のは普通に楽しめました。
松本人志ってだけでいろいろ言われてましが松ちゃんだからってとかじゃなくて純粋に見たら割りと楽しめる映画だと思います。

良いエンターテイメントではあると思います。 2010-01-26
松本人志と言えば、既にテレビでは、前衛的な若手から、また芸術的観点から見て、もう邪魔な存在でしかないと思われます。
彼はいつの間にか、安心して見られる、お茶の間のタレントと化したという、僕の認識は、そう間違ってはいないでしょう。
それを踏まえて、この映画ですが、これは凄く楽しんで見れました。
すごく正直で、荒削りで、青臭い、そんな印象です。
が、それでいて、この映画のメッセージ、本質は、前衛的なものなどでは全然なく、ありふれたものの様に思えます。

すごく正直、青臭い、荒削り、そこが面白く、評価出来るのですが、本質はありふれたものだという感想です。

エンターテイメント映画としては良いと思いますが、不変的な輝きを湛えた時代を超える傑作ではないと思われます。


さらに詳しい情報はコチラ≫
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
Yahoo!ブックマークに登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

>人気ブログランキング

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[01/13 フチ]
[01/13 フチ]
HN:
ドンちゃん
性別:
男性
職業:
movieを鑑賞する人
趣味:
映画鑑賞、スポーツクラブ通い
当サイトはリンクフリーとなっており事前のご連絡は必要ありませんので、ぜひ相互リンクお願いします!

■バナーリンクの場合
以下のリンク用バナーを保存してご利用ください。


■テキストによる紹介の場合
【タイトル】夜の夜長は映画でも 映画DVDレビュー
【URL】 http://movie.bijual.com/
【紹介文】邦画洋画問わずお気に入り映画DVDをレビューするブログです。 多少ネタバレも含まれていますが、映画大好きな人に少しでもお役に立てるようなブログを目指しております!
<<火天の城 [DVD]  | HOME |  フランチェスコ ~ノーカット完全版~ [DVD]>>
Copyright ©  -- 夜の夜長は映画でも ~映画DVDレビュー~  --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ