忍者ブログ

夜の夜長は映画でも ~映画DVDレビュー~

邦画洋画問わずお気に入り映画DVDをレビューするブログです。多少ネタバレも含まれていますが、最新の映画をメインに映画大好きな人に少しでもお役に立てるようなブログを目指しております!!  落ち込んだ時に観る映画。皆でガヤガヤ観る映画。スカッとしたいときに観る映画。恋人や愛人と観る映画・・・時には考えさせられたり人生観を変えられる名作に出逢うことがあります。 ジャケ写をクリックするとここから購入することもできます。

カテゴリー「ラ行」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


リアル鬼ごっこ2 [DVD]

リアル鬼ごっこ2 [DVD]リアル鬼ごっこ2 [DVD]
出演:石田卓也 /吉永 淳 /三浦翔平 /蕨野友也 /渡辺奈緒子
ジェネオン・ユニバーサル
発売日 2010-12-02





さらに詳しい情報はコチラ≫


PR

レスラー スペシャル・エディション [DVD]

レスラー スペシャル・エディション [DVD]レスラー スペシャル・エディション [DVD]
出演:ミッキー・ローク /マリサ・トメイ /エヴァン・レイチェル・ウッド
NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)
発売日 2010-01-15
オススメ度:★★★★




胸に沁みる映画。 2010-02-10
 かつてのミッキーロークを知っている観覧者は、主人公の生きざまをミッキーのそれに投影してみてしまう。もしかしたら、それを意図して、製作者側はミッキーを起用したのかもしれない。
 また、主人公の職業がプロレスラーである点も興味深い。落ちぶれた舞台役者でも良かったのだが、おそらく、主人公の身体的な損傷を描くために、製作者はプロレスラーという職業を選んだのだろう。そしてミッキーが実際にプロレスを演じるというギミックまでもスパイスとして用いている。ここで吹き替えを使ったら、ミッキーと主人公を重ね合わせたい観覧者の希望に水を差すことになるからだ。

 さらには、恋人(?)にメリサトメイを起用した点もなかなかに考えさせられる。文句なく美しく、スタイルも良いし、実力もキャリアも十分の女優なのだが、メガヒット映画のヒロインを演じるような、スター中のスターというわけでは決してない。

 演ずる人々の実社会における立ち位置までをも上手に取り込んだ本作は、おそらくは徹底的に作りこまれた脚本によって、じつに見事な作品になっている。そのため、本作には数回の観賞に耐えられるようなチカラがある。

齢(よわい)いってこそ 2010-02-05
『ホームボーイ』と一緒に購入しました。10数年前のホームボーイとは違い、他のレビューにもあった通り、在る意味救いの無い作品。故に40男には身につまされる。“オンリーワン”の是非を考えてしまいます…。

最初は「ロッキー」かと思ってましたが、いやいや・・ 2010-02-01
ミッキー・ロークの私生活や長年干されていたなどを知らずに見ても十分感動できますね。これは心臓病で倒れ、娘にもプロレスにも捨てられてしまいそう、という点で「ロッキー」よりずっと惨めかもしれません。
でも、自分にはほかに何もない、プロレスあるのみ、と覚悟した後は、あまり多くを語りません。
寡黙に、最後のリングに上がり、ラストはもしかすると「死」で終わったかもしれません。そういう暗示があったように思います。でもおそらく主人公にはバイト先で心臓が止まるより、ずっと幸福な死であったことを信じることができました。

人の生き死には医者の専売特許ではなくその人個人のもの、他の誰のものでもないことを今さら痛感させられました。

疎外された男の行き倒れの物語 2010-01-31
旧聞だけど2009年度のオスカーのノミネートを見て、いちばん驚いたのは、「ミッキー・ロークが主演男優賞候補!」という報道である。ミッキー・ロークってあのミッキー・ロークである。億にひとつのチャンスをつかみ、「セクシー俳優」「トレンディ俳優」として世界的なヒットを飛ばし、スターダムにのし上がったが、キャラクターに難がありすぎるために、アメリカンドリームを体現するまでに至らず、いつの間にか消えちゃった人だ。

その「ひとりよがりな不器用さ」と、「世渡り下手」が災いし、芸能人としてうまくいかなくなると、今度は趣味(だろうとファンみんなが思っていた)ボクシングにのめりこみはじめ、アーッ!ミッキーの命より大切な顔があっ!!!「ボクサーの顔」と化し、アイドルなのに顔が変形するまで殴り合いに夢中になってどうする?みたいな、「残念!」なニュースしか聞いていなかった。消えちゃったね・終わっちゃったねという印象しか持っていない日本の洋画ファンの前に、いきなり「オスカー主演男優賞候補!」である。ロイヤル・ストレート・フラッシュを決めてみせた。

若き日のミッキーの映画って、「ランブルフィッシュ」も「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」も「ナイン・ハーフ」も、単に綺麗で雰囲気のある男だからみんなで鑑賞していた・・みたいなほとんどアイドル路線で、誰も彼を「演技派」とは呼んでいなかったような・・・おぼろげな記憶。
で、今月1月にその「レスラー」がDVDリリースされたので、早速借りて見た。

結論から言えば、「レスラー」は、端正で かなしい よい映画です。うん。★★★★☆。
でもこの話って、どっかで見たような・・・と思ったら、ミッキー自分の昔の主演作をリメイクしたの。

1988年、女子高生だった私は、ミッキー主演の映画「ホームボーイ」を劇場で観た。はっきり言おう。世紀の駄作だった。★★☆☆☆がいいとこ。これからDVD借りてみようかという人はもう一度、DISCUSで検索しなおしたほうがいい。死を宣告されたボクサーが、恋人のために命を賭けて闘い、試合に負けたが、ラスト恋人が彼を温かく待っていて・・という内容だけど、退屈。

しかしこの駄作は、ミッキー・ローク的には「原点」というか、彼自身が掘り下げて取り組まなければならないテーマだったらしく、その年月と試行錯誤の努力の跡がはっきり見えるのが「レスラー」なのだ。「レスラー」の最後で、ラムが見物客に向かって、「俺に“辞めろ”という資格があるのはファンだけだ」と言うシーンがあるけど、負け犬だ、世渡りベタだ、才能がない、と叩かれながらも「自分の居場所がここしかない」と開き直るためには、すべてを失わなくてはならなかった中年の男の遺言がぐさっと突き刺さるのである。

映画「レスラー」は「ロッキー」ではない。スタローンは勝ち残った。今回のミッキーの映画は、「疎外された男の行き倒れの物語」である。だから、かなしい。暴力シーンばかりが続くのに、ここまでセンシティブとは。キャラはどれもこれも傷つきやすく、端正な連中である。画面をつくりこまないので自然光に近いシーンが続き、つきはなしたようなセリフ回しが妙にこたえる。

医師「死にかけたんです。次はどうなるか分かりません」

ラム「なあ先生。・・・結構な話をどうもありがとう」

心臓発作のバイパス手術のあと凹んでしまうラム。話題を呼ぶはずの、おそらくはラムにとって有終の美となるはずのタイトルマッチがすぐに近づいているのだ。

ラム(ミッキー)は、どさ回りのプロレスラー。かつては有名レスラーとして稼いだ時期もあったが、今は住所不定のトレーラー生活で独身。ガールフレンドのヌードストリッパーのパム(オスカーゲット!やったね!)とは純愛モード。パム「あなたはお客よ。お客とは一線を超えないの」

心臓手術のあとで試合をすれば命もあやうい。さすがに動揺したラムはパムに打ち明ける。住所不定の馴染み客に頼られたって困るパムは「別れた娘にあってみたら?」と助言し、ラムはかつて置き去りにした娘に会いに行くが拒絶される。

ラム「俺はボロボロのクズで、孤独だ。自業自得なんだが、お前にだけは嫌われたくない。お前は俺の娘だ」

映画を通して、父娘2人の感情はすれ違い続ける。いや、実の娘と、だけではない。ラムのような男は、パムとも、誰とも、感情の盛り上がりがずっとすれ違い続け、どこかにたどりついたということがない。

自分が過去の人間であることばかりを痛感させられるラムだが、試合に臨む横顔はどこか吹っ切れていてさわやかだ。最後の最後で自分の気持ちに気が付き、職場放棄して、試合会場に飛び込むパムの前に現れたラムとのやりとりも・・・すれ違う。心臓は大丈夫なの?

ラム「俺にとって痛いのは外の現実のほうだ。もう誰もいない」

パム「いるわ」

ラム「あそこが俺の場所だ」

ミッキー・ロークには疎外された行き倒れの男の役がよく似合う。アンチヒーローと呼べるのかどうか分からないが、こういうジャンルの男の生き方を「極めて」いけば、新規顧客開拓できるかもしれない。

娘との対話シーンに涙 2010-01-31
 ミッキー・ロークといえば、私にとっては「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」よりも「ナインハーフ」や「エンゼル・ハート」のセクシー俳優のイメージである。特に「エンゼル・ハート」は禍々しい原作の世界をよく再現していて、「オールドボーイ」にも通じる近親相姦シーンが衝撃的だった。しかし、この作品では彼の色男ぶりはもちろん、かつての面影すらないと言っていい。「シンシティ」は共演者たちも多彩であり、ミッキー・ローク自身のインパクトはそれほどなかったので、この「レスラー」でミッキー・ロークの新たな一面を発見した感が強い。

 四半世紀に及ぶプロレスファンの私から見てもミッキー・ロークのプロレスラーぶりは違和感がなく、アメリカン・プロレスの世界にしっかりはまっていた。スタントマンを使っているシーンがあったとしても、ミッキー・ロークは単なる肉体改造だけでなく、トレーニングもみっちり積んだに違いない。演技力以上に肉体に説得力があった。

 80年代半ばにMSGを熱狂させたスーパースターといえばハルク・ホーガンだが、「ランディ」という名前からはランディ・サベージも連想させる。実際に肉体にダメージを蓄積しながら老いてなお戦い続けなければならないプロレスラーや、筋肉増強剤の使用などの影響もあって心臓疾患によって急死したプロレスラーも少なくない。かつて自分たちを熱狂させたプロレスラーの悲報を聞くたびに何ともいえない気持ちになるのだが、この作品はプロレスファンを超えて中高年の共感を呼ぶに違いない。

 ラストは見る側に下駄を預けた感じだが、いずれの結末を選んでもすっきりしない気持ちが残っただろうし、これはこれでよかったとしよう。外枠は似ていないこともないが、スタローンの「ロッキー」とは違った味わいがある。


さらに詳しい情報はコチラ≫

ROOKIES -卒業- 通常版 [DVD]

ROOKIES -卒業- 通常版 [DVD]ROOKIES -卒業- 通常版 [DVD]
出演:佐藤隆太 /市原隼人 /小出恵介 /城田優 /中尾明慶
TCエンタテインメント
発売日 2009-12-04
オススメ度:★★★




キャラが独立してきました 2010-01-08
家族で「ろくでなしブルース」以来の森田先生の ファンです。「ルーキーズ」も漫画で楽しんで、
映画でも楽しませてもらいました。テレビをうけ、 この続編ということで、個々のキャラが原作を 離れて巣立って独立してきたなと感じました。
最後の一人一言、いいじゃあないですか。
暖かくなるためにみる、まさに インド映画的ニーズであります。


入り込めない奴は観ないほうが良い… 2009-12-16
まず、一通りドラマの方を観て置いた方が良い 劇場でも観たがDVDも買ってみた
何度も観たが、観れば観るほど深さが解るし感動の度合いも増える
何をするにも、何を観るのもそうだが『そこ』に入り込めない奴は観る資格もする資格も無い


ドラマやニコ学を好きな人が好きだろう映画でした。 2009-12-14
ドラマは全部見ました。面白かったので、これも見ました。
漫画が大好きだったのでドラマも映画もできてうれしかったです。
が、映画の笹崎戦だけは微妙でした。残念。

笹崎のエースの川上君にあまりスポットが当たらなかったのが残念でした。別所とかたぶんホームラン打った奴かなと想像程度だし、監督とか挨拶程度だし、マネージャーとの話皆無だし…ま、濱中は唾はかなくて怒られないしよかったかもしれないけどね(笑)

管理野球に怒って相手ベンチに行った川藤がまた川藤がクビに…映画がまとまんないからしょうがないですね。

それに3年の夏の笹崎戦は漫画でもかかれてないから…でも、2年夏の笹崎戦の内容が見たかったです。
ドラマだったからか目黒川の江夏には漫画どおりほどほどの物語があったのですが、川上は挨拶したのと、中学時代のプレイバックと、試合の最初と途中からはぁはぁ言いながらきつそうに投げる姿と三振した姿くらいの印象でした。

それ以外は特に不満はないです。ただ赤星がちょっと丸く、かわいくなってますね。濱中はよかったです。
最後はちょい感動しました。でもドラマの方が好きです。
漫画は見てない人、ドラマが好きだった人、特にニコ学メンバーが好きな人は見たら面白い映画っすね。
DVDで見ても十分楽しめる映画でした。

さらに詳しい情報はコチラ≫
Yahoo!ブックマークに登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

>人気ブログランキング

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[01/13 フチ]
[01/13 フチ]
HN:
ドンちゃん
性別:
男性
職業:
movieを鑑賞する人
趣味:
映画鑑賞、スポーツクラブ通い
当サイトはリンクフリーとなっており事前のご連絡は必要ありませんので、ぜひ相互リンクお願いします!

■バナーリンクの場合
以下のリンク用バナーを保存してご利用ください。


■テキストによる紹介の場合
【タイトル】夜の夜長は映画でも 映画DVDレビュー
【URL】 http://movie.bijual.com/
【紹介文】邦画洋画問わずお気に入り映画DVDをレビューするブログです。 多少ネタバレも含まれていますが、映画大好きな人に少しでもお役に立てるようなブログを目指しております!
 | HOME | 
Copyright ©  -- 夜の夜長は映画でも ~映画DVDレビュー~  --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ