忍者ブログ

夜の夜長は映画でも ~映画DVDレビュー~

邦画洋画問わずお気に入り映画DVDをレビューするブログです。多少ネタバレも含まれていますが、最新の映画をメインに映画大好きな人に少しでもお役に立てるようなブログを目指しております!!  落ち込んだ時に観る映画。皆でガヤガヤ観る映画。スカッとしたいときに観る映画。恋人や愛人と観る映画・・・時には考えさせられたり人生観を変えられる名作に出逢うことがあります。 ジャケ写をクリックするとここから購入することもできます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ホワイトアウト [DVD]

ホワイトアウト [DVD]ホワイトアウト [DVD]
出演:ケイト・ベッキンセイル /ガブリエル・マクト /コロンバス・ショート /トム・スケリット
ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日 2010-04-07
オススメ度:★★★




Kベッキンセールの映画ですね 2010-04-18
綺麗な主人公を鑑賞する以外は、あまりよろしくなかったです。まあそこそこお金もかかっているのでしょうから、飽きずに観られましたけど、サスペンスとしては捻りがなかったと思います。シチュエーションは良かったと思うのですが、活かしきれなかった感が否めません。



何というか、悪人もそれほど残酷でなく、あまり酷いストーリーにしたくなかったのかなという気がしてたまりません。なんにせよほんの一瞬ですが、Kベッキンセールのサービスカットを堪能するぐらいしかなかったです。

思ったほどじゃなかったけど・・ 2010-04-17
極寒の基地へ誘ってくれ始めたときは、私の体も寒さを感じるほど期待をもたしてくれた。連邦保安官、キャリー(女性主人公)のお出ましからは、死体の謎解きと彼女の痛恨の出来事を回顧しながら話しを導いてくれるので興味津々だった。そろそろもうひとつ盛り上がりのステージがあるんじゃないかと思ったけど、さほどでもなく終わってしまった。

「遊星からの物体X」、「エイリアン」などを見てきたせいで期待が高まっていたかもしれません。

見ないほうが良いとは言いたくないです。「ホワイトアウト」は上質なサスペンス劇場と言えましょう。

この作品からは少なくとも K・ベッキンセールの魅力が理解できたので得るものがありましたね。

凡作です… 2010-04-14
南極が舞台で、当然予算に大きな違いはありますが、サスペンスとしては火サスぐらいの仕上がりで、犯人はスグに解ります。

どう考えても2回も3回も見たいような作品では無いので、レンタルで事足りると思います。

尤も私はベッキーの大ファンですから購入し、既に3回見て個人的には大変満足してますが…
ファンで無い人には購入をオススメ出来ません。


さらに詳しい情報はコチラ≫


PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
Yahoo!ブックマークに登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

>人気ブログランキング

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[01/13 フチ]
[01/13 フチ]
HN:
ドンちゃん
性別:
男性
職業:
movieを鑑賞する人
趣味:
映画鑑賞、スポーツクラブ通い
当サイトはリンクフリーとなっており事前のご連絡は必要ありませんので、ぜひ相互リンクお願いします!

■バナーリンクの場合
以下のリンク用バナーを保存してご利用ください。


■テキストによる紹介の場合
【タイトル】夜の夜長は映画でも 映画DVDレビュー
【URL】 http://movie.bijual.com/
【紹介文】邦画洋画問わずお気に入り映画DVDをレビューするブログです。 多少ネタバレも含まれていますが、映画大好きな人に少しでもお役に立てるようなブログを目指しております!
<<妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月 [DVD]  | HOME |  僕の初恋をキミに捧ぐ メモリアル・エディション [DVD]>>
Copyright ©  -- 夜の夜長は映画でも ~映画DVDレビュー~  --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ