忍者ブログ

夜の夜長は映画でも ~映画DVDレビュー~

邦画洋画問わずお気に入り映画DVDをレビューするブログです。多少ネタバレも含まれていますが、最新の映画をメインに映画大好きな人に少しでもお役に立てるようなブログを目指しております!!  落ち込んだ時に観る映画。皆でガヤガヤ観る映画。スカッとしたいときに観る映画。恋人や愛人と観る映画・・・時には考えさせられたり人生観を変えられる名作に出逢うことがあります。 ジャケ写をクリックするとここから購入することもできます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


風が強く吹いている スペシャルエディション [DVD]

風が強く吹いている スペシャルエディション [DVD]風が強く吹いている スペシャルエディション [DVD]
出演:小出恵介 /林遣都 /中村優一 /川村陽介 /橋本淳
バンダイビジュアル
発売日 2010-04-09
オススメ度:★★★★




走るの好きか? 2010-04-02
何度も劇場に足を運び、毎回涙を流した作品がやっとDVD化!実際にアオタケメンバーがいたらきっとこんな風に笑って泣いて喧嘩して、また笑っているんだろうなぁとアオタケメンバーを近くに感じられる作品でした。日々の生活の中で心が折れそうな時、自分に負けたくない時、仲間を思い出した時。そんな時に背中を押してくれる映画です。【寄せ集め10人】が引き寄せた【キセキ】は、きっと見る人にもパワーを与えてくれます。忙しいスケジュールの中、練習に練習を重ねた俳優陣の走りにも注目です。

映画としては良作だけど… 2010-02-16
ひとつの映画として見るのであれば、役者さんの走るフォームもしっかりしているしそれぞれのキャラクターもイメージに合っていると言えると思います。


ただ、原作ファンとしては、十区の演出が許せませんでした。滲んでた涙も引っ込むくらいには。

あのシーンをもっと原作に忠実に描いていてくれていれば★五つをつけても良かったです。

泣かされました 2010-01-23
映画「風が強く吹いている」は何度も観に行きました。この映画は箱根駅伝がテーマです。私も実際、72回大会の時に現地に観に行きました。その年は、往路四区で二校が同時棄権してしまうアクシデントが有り、強烈な印象が残っています。だから、映画の中で襷が大写しになるシーンのBGMが鳴った途端に、その年の大会の様子がフラッシュして、気づいた時には、号泣していました。映画の中でも、あわや棄権というシーンが描かれます。やはり襷に込めたそれぞれの想いは、本番同様に伝わって来ました。一番の感動作品です。


さらに詳しい情報はコチラ≫
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

TRACKBACK

Trackback URL:
Yahoo!ブックマークに登録
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

>人気ブログランキング

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[01/13 フチ]
[01/13 フチ]
HN:
ドンちゃん
性別:
男性
職業:
movieを鑑賞する人
趣味:
映画鑑賞、スポーツクラブ通い
当サイトはリンクフリーとなっており事前のご連絡は必要ありませんので、ぜひ相互リンクお願いします!

■バナーリンクの場合
以下のリンク用バナーを保存してご利用ください。


■テキストによる紹介の場合
【タイトル】夜の夜長は映画でも 映画DVDレビュー
【URL】 http://movie.bijual.com/
【紹介文】邦画洋画問わずお気に入り映画DVDをレビューするブログです。 多少ネタバレも含まれていますが、映画大好きな人に少しでもお役に立てるようなブログを目指しております!
<<【初回限定生産】 ムーンウォーカー 通常版 (ブックレット付) [Blu-ray]  | HOME |  96時間 [DVD]>>
Copyright ©  -- 夜の夜長は映画でも ~映画DVDレビュー~  --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ